利用規約

災害情報アプリめ組サービス利用規約

本サービスの利用については、利用規約に必ず同意頂き、ご利用ください(利用規約については、事前の通知なく変更できるものとします。将来変更された場合、利用者が変更後に利用する際には変更が適用されるものとし、利用者は変更に同意したものとみなされます。)

1.利用規約について
1.青梅商工会議所(以下、「青梅商議所」といいます)が運営する、災害情報アプリめ組サービス(以下、「本サービス」といいます)について、本サービスを利用する者(以下、「ユーザー」といいます)は、本利用規約に必ず同意頂き、ご利用ください。ユーザーには、青梅商議所が当該ユーザーの利用登録を承認した時点 で、青梅商議所が提供するAndroid及びiPhone向けアプリケーション「FIRECORPSめ組」「BCPめ組」「HAZARDMAPめ組」(以下本ソフトウェアといいます)並びに本サービスを利用する資格(以下、包括して「ユーザー資格」といいます)が与えられます。
2.ユーザーは、本利用規約の他、青梅商議所が定める各種の規約(以下、「個別規程」といいます)に同意頂き、本サービスをご利用ください。なお、本利用規約と個別規程の定めが異なる場合には、個別規程の定めが優先するものとします。
3.本利用規約および個別規程(以下、併せて「本利用規約等」といいます)については、ユーザーに対する事前の通知なく、青梅商議所が変更できるものとします。 本利用規約等が変更された場合、当該変更後のユーザーによる本サービスの利用には変更後の本利用規約等が適用されるものとし、当該利用により、ユーザーは当該変更に同意したものとみなされます。
4.本利用規約等の他、本サービスからリンクされた他のサイトについては、そのサイトの利用規約に同意したうえでご利用ください。

2.本ソフトウェアについて
1.本ソフトウェアの使用許諾
1.青梅商議所は、本ソフトウェアをダウンロードしたユーザーに対し、本規約に定める条件に従い、本ソフトウェアの譲渡不能かつ非独占的な日本国内における使用権を許諾します。
2.本規約は、将来開発される本ソフトウェアのアップグレード版等に対する使用許諾を認めるものではありません。
2.使用許諾の内容
1.本ソフトウェアの一部には、青梅商議所がお勧めする商品等に関する情報(プロフィール交換した他のユーザーがお勧めする商品等に関する情報を含みます。以下 あわせて「お勧め情報」といいます)が表示される場合があります。また、お勧め情報の取得・更新のための通信を行う場合があります。
2.本ソフトウェアの表示および本ソフトウェアの動作に必要とされるプログラムデータおよび関連するドキュメントファイル等は、予告なく自動的に変更・更新される場合があります。
3.本ソフトウェアは、ユーザーの使用環境により利用できない場合(一部機能を利用できない場合を含む)があります。
4.ユーザーは、本ソフトウェアを構成する各種外部サービスが理由の如何を問わず利用できなくなった場合、本ソフトウェアが利用できなることをあらかじめ承諾の上、本ソフトウェアを利用するものとします。
3.本ソフトウェア使用上の注意事項
1.本ソフトウェアをお使いの場合、各種の情報更新時やお勧め情報更新時、さらにはリンクファイル起動時等に自動的にサーバーと通信を行う場合があります。
2.本ソフトウェアはインストール完了後、もしくはインストール完了の後の起動時に本ソフトウェアを作動させるためのシステムファイル及びこれに関連した ドキュメントファイル(以下併せて「システムファイル」といいます)をお使いの端末のメモリ又は外部記憶装置内に自動的に書き込みます。
3.本ソフトウェアのダウンロードや使用などに必要となる通信機器やインターネット接続などの一切の費用は、ユーザーが自己負担するものとします。
4.使用中止
1.本ソフトウェアは、青梅商議所の裁量により、機能の一部又は全部の使用または提供を中止させていただくことがあります。
2.ユーザーが本規約に定める事項の一つにでも違反した場合、青梅商議所は、何らの事前の通知を行うことなく、当該ユーザーに対して、本ソフトウェアの使用の中止を求めることができるものとします。

3.利用上の注意
1.ユーザーは、利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやパスワード等を含みます)について、自己の責任において、任意に登録のうえ管理するものとします。
2.ユーザーは、第三者にパスワードを使用されることのないよう、以下の事項を守らなければなりません。(該当する本ソフトウェアのみ)
1.容易に第三者に推測されないパスワードとすること
2.第三者に自己のパスワードを公開しないこと
3.青梅商議所は、登録されたパスワードによって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。
4.ユーザーは、パスワードの不正使用によって青梅商議所または第三者に損害が生じた場合、青梅商議所および第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。
5.登録情報の管理は、ユーザーが自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったためにユーザーが被った一切の不利益および損害に関して、青梅商議所は責任を負わないものとします。
6.青梅商議所は本サービス内におけるユーザー登録情報を運営上の必要に応じて閲覧することができ、本利用規約等に抵触すると判断した場合には、ユーザーへの事 前の通知なしに、当該ユーザー登録情報の全部または一部を非公開とする、または削除をすることができるものとします。また、青梅商議所の権利・財産やサービス等 の保護、または第三者の生命、身体または財産の保護等の目的から必要があると青梅商議所が判断した場合には、必要な範囲内でユーザー登録情報を裁判所や警察等の 公的機関に開示・提供することができるものとします。
7.ユーザーは、本サービスを、年齢や利用環境等の条件に応じて、青梅商議所の定める範囲内で利用できるものとします。
8.本サービスは、無料でご利用いただけます。ただし、本サービス利用にともなう通信料金は、ユーザーのご負担となります。

4.個人情報について
1.個人情報は、青梅商議所が別途定めるプライバシーポリシーに則り、適正に取り扱うこととします。
2.本ソフトウェアの使用における取扱い
1.青梅商議所は、ユーザーが本ソフトウェアを使用する際、よりユーザーのニーズにあったサービスやコンテンツを提供する目的で、本ソフトウェアで登録したユーザープロフィール、端末情報及び本ソフトウェアの利用履歴を取得する場合があります。
2.本ソフトウェアの利用により青梅商議所が取得したユーザーの個人情報等は、ユーザーからの要望がない限り、ユーザー本人の許可を得ることなく第三者に開示されることはありません。ただし、次の場合においては、青梅商議所の業務委託先である第三者に通知する場合があることをあらかじめご了解ください。
A)青梅商議所が行う調査目的のために調査会社へ情報提供を行う場合
B)賞品等の発送作業のために住所、氏名等を発送・運送業者に通知する場合
C)上記以外にユーザーの不利益にならない範囲で上記と同等の必要性が生じた場合
3.前項に定める場合のほか、ユーザーの同意なく、機密保持契約を結んだ協力企業以外にユーザーの個人情報を開示することはありません。ただし、以下の場合に、個人情報を開示することがあります。
1.法令に基づいて、開示が必要であると青梅商議所が合理的に判断した場合
2.人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であると判断した場合
3.公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であると判断した場合
4.国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあると判断した場合
5.合併その他の事由によりサービスの主体が変更され、サービスの継続のため個人情報を移管する必要があると判断した場合

5.著作権について
1.ユーザーは、自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか、または必要な権利者の許諾を得た文章、画像や映像(動画)等の情報のみ、本サービスを利用し、投稿または編集することができるものとします。
2.ユーザーが本サービスを利用して投稿・編集した文章、画像、映像(動画)等の著作権については、当該ユーザーその他既存の権利者に留保されるものとし ます。ただし、本サービスを利用して投稿・編集された文章、画像、映像(動画)等については、青梅商議所および青梅商議所と提携するサイトまたはその他の媒体・サービ スにおいて、青梅商議所が必要と判断する処置を行った上で、青梅商議所が利用できるものとします。ユーザーは、本項に基づく青梅商議所による著作物の利用について、著作者人 格権を行使しないものとします。
3.前項に定めるユーザーが本サービスを利用して投稿・編集した文章、画像、映像(動画)等についての著作権を除き、本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報並びに本ソフトウェア及び本ソフトウェアに付属するヘルプ、マニュアルなど関連書類及び本ソフトウェア上で表示されるコンテンツ情報やお勧め 情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて青梅商議所または青梅商議所にその利用を許諾した権利者に帰属し、ユーザーは無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改 変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます)、伝送、配布、出版、営業使用等をしてはならないものとします。

6.退会について
1.ユーザーが本サービスの利用を終了し、自己のユーザー資格を放棄することを希望する場合は、ユーザー本人が、青梅商議所の定める方法に従い青梅商議所に対して退会申請をすることをもって退会とみなします。
2.青梅商議所は、退会したユーザーの個人情報やユーザーコンテンツの一切のデータ等ユーザーに関係する一切の情報を引き続き保有する義務はないものとします。
3.ユーザーが死亡した時点でユーザーは本サービスを退会したものとし、生存中ユーザーが有していた青梅商議所に対する権利および義務は当該ユーザーに一身専属に帰属し、相続されないものとします。

7.禁止行為について
本ソフトウェア及び本サービスの利用について、ユーザーの故意・過失を問わず以下の各項に該当すると青梅商議所が判断する行為を禁止します(これらの行為は、本ソフトウェアのいかなるサービス・機能を利用してなされたかにかかわらず、禁止されます)。禁止行為を行った場合は、事前の告知なく該当箇所の削除や本サービスの利用停止、ユーザー資格の剥奪を行う場合があります。その場合、削除結果および利用停止措置に関する質問・苦情は一切受け付けておりません。なお、ユーザーのご事情により、青梅商議所からのメールを確認できなかった場合も、本利用規約等に則った対応をさせていただきますのであらかじめご了承ください。
1.反社会的行為
1.法令または公序良俗に違反する行為
2.犯罪行為またはこれを予告、関与、助長する行為
3.虚偽または誤解を招くような内容を含む情報等を掲載、登録する等の行為
4.通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為、およびそれを助長するような行為、その他本サービスの運営・提供または他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、またはそれらに支障をきたす行為
5.第三者の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為
6.第三者の信用もしくは名誉を侵害し、または第三者のプライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為。この際、第三者については個人・法人/私 人・公人の別を問わず、第三者の特定についてはユーザーID、ニックネーム、本名、ユーザーへのリンク等の記載形態、手段を問わない。
7.自殺、自傷行為、薬物乱用等を美化・誘発・助長する恐れのある言葉、その他の表現の掲載行為
8.ストーキング行為を行う等、方法のいかんを問わず、第三者に対する嫌がらせ行為
9.民族・人種・性別・年齢等による差別につながる表現の掲載行為
2.わいせつ・暴力的表現・出会い目的行為
1.モザイク、ぼかしの有無、美術性に係わらず、下着姿を含む露出度の高いヌード、胸や臀部等のアップや性器が露出した写真等、その他卑猥と判断される画像・映像(動画)・イラスト・絵画の掲載、および性行為や性器に該当する言葉、その他猥褻的な表現の掲載行為
2.暴力的、グロテスクな写真、およびその他一般ユーザーが不快に感じる画像、言葉など、その他の表現の掲載行為
3.サービス内での性行為表現、またはそれを意図した表現の掲載行為
4.リンクを張る等して、アダルトサイトに誘導する行為
5.児童買春・ポルノ、無修正ビデオ映像のダウンロードサイト等へのリンク掲載行為
6.ダイレクトメッセージ、その他本サービスを使ってアダルト関係の商品について紹介する行為
7.異性との出会い等を希望、または誘導することが主目的であると青梅商議所が判断する一切の行為
8.その他、未成年者の人格形成等に悪影響を与えると判断される行為(刺青・未成年者の飲酒、喫煙等)
3.商業行為
1.営利・非営利目的を問わず、物やサービスの売買・交換(それらの宣伝・告知・勧誘を含む)を目的とする情報の掲載または、メールの送信行為(ただし、 青梅商議所が許可したものを除く)※無料セミナー等の情報であっても、当該セミナー等で物品を販売したり、契約を締結させるような内容のセミナーであれば本号で 掲載が禁止される情報に該当するものとみなします。
2.ユーザーが、青梅商議所の提供する本サービスについて、その全部あるいは一部を問わず、商業目的で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売等、形態のいかんを問いません)する行為(ただし、青梅商議所が許可したものを除く)
3.ユーザーが、本サービスを通じて入手した全ての情報について、複製、販売、出版、公開その他の方法において、個人としての私的使用以外の使用をする行為、また、他のユーザー、ユーザー以外の第三者をして同様の行為をさせる行為
4.宣伝・告知・勧誘等を目的とするメッセージ・メール機能等を利用した同一趣旨の複数の発信や掲載(マルチポスト、スパムメール、チェーンメール等を含む)行為
5.次に掲げる内容の情報を、掲載または送信する行為
・ねずみ講、チェーンメール、MLM(マルチレベルマーケティング)、リードメール等の第三者を勧誘する内容の情報
・アフィリエイトや紹介することでポイント等の利益が発生するサイトへ誘導する情報(ただし、青梅商議所が認めるものを除く)
・情報商材を含む情報
6.営利・非営利を問わず、全ての医療及び医療類似行為(その形態において薬剤の利用、スピリチュアル、パワーストーン、カウンセリング、占い行為、等を問わない)(ただし、青梅商議所が許可したものを除く)。
7.他のユーザーの個人情報を収集、蓄積する行為、またはこれらの行為をしようとすること
4.個人情報掲載行為
1.本人、第三者の如何を問わず個人のメールアドレス、電話番号など個人と特定しうる情報の掲載行為 ※なりすまし晒し目的投稿や、出会い系サイト類似利用を防止する為、ご協力をお願いします。
2.虚偽の情報を掲載、登録することで第三者になりすます行為、また、ユーザー本人に許可を受けた場合であっても、ユーザー本人以外が登録情報(メールアドレスやパスワード等)を利用して本サービスを利用する行為
5.その他
1.本ソフトウェアおよび本ソフトウェアに使用されている映像、動画、音声、音楽等のすべての著作物を複製、転載、再配布などする行為(ただし、青梅商議所が許可したものを除く)
2.本ソフトウェアを、修正、変更、改変、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルなどする行為
3.無差別にメール送信・メッセージ投稿を行う行為
4.政治活動、宗教活動行為(ただし、青梅商議所が許可したものを除く)
5.違反行為により利用停止されたユーザーが再度サービスに登録する行為
6.1つのユーザー資格を複数人で利用する行為
7.サービスの一部の利用権を青梅商議所が定めた方法以外の方法で譲渡する行為
8.サービスの一部の利用権をもって、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、または交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為
9.その他、青梅商議所が、合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

8.免責事項
ユーザーは、以下の青梅商議所への免責事項についての内容を了解の上、本サービスを利用することとします。
1.青梅商議所が必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本サービスを変更、停止または中止することができるものとします。青梅商議所が本サービ スを変更、停止または中止した場合や、事件・事故等によりやむを得ずサービスを変更、停止または中止せざるを得なかった場合にも、青梅商議所はユーザーに対して 一切責任を負わないものとします。サービスの一部のうち、期限を定めてリリースしたものについては、定められた期限の経過をもってその一部は停止され、こ の際の青梅商議所のユーザーに対する責任についても同様とします。
2.青梅商議所は、本ソフトウェアについてその正確性、妥当性、適用性、有用性および動作保証、ならびに使用目的及び使用機器への適合性およびその他の一切の事項について保証を致しません。
3.青梅商議所は、本ソフトウェアにいかなる不備があってもこれを訂正する義務を負わないものとします。
4.青梅商議所は、(1)ユーザーが本ソフトウェアを使用すること、または、使用できなかったこと、(2)不正アクセスや不正な改変がなされたこと、(3)本 サービス中の他の ユーザーによる発言、送信(発信)行為、(4)その他の行為、第三者のなりすまし行為、(5)その他本サービスに関連する事項に起因または関連して生じた 一切の損害、トラブル(営業上の利益の損失、業務の中断、営業情報の喪失などユーザーの情報の消失、毀損などによる損害を含みますが、これらに限りませ ん)について、一切の責任を負いません。また、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについて事前に知らされた場合でも同 様です。
5.青梅商議所は、本ソフトウェアに表示される各種提供情報やお勧め情報について、一切の保証を致しません。また、青梅商議所は、本ソフトウェアに表示される各種提供情報やお勧め情報に関連して、ユーザーに生じた一切の損害、トラブルに関していかなる責任も負いません。
6.青梅商議所は、本ソフトウェアに表示される各種提供情報やお勧め情報の表示等の変更・更新に関連して、ユーザーに生じた一切の損害、トラブルに関していかなる責任も負いません。
7.本利用規約がユーザーとの関係で消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合には、本利用規約のうち、債務不履行 及び損害賠償責任について、青梅商議所の損害賠償責任を完全に免責する第1項から第6項までの規定は適用されないものとします。この場合においてユーザーに発生 した損害が青梅商議所の債務不履行又は不法行為に基づくときは、ユーザーは、青梅商議所に故意または重過失があると認められる場合を除き、いかなる場合においても、 (i) かかる損害賠償の対象となる損害が、青梅商議所の責に帰すべき事由に起因して現実に発生した、直接かつ通常の範囲の損害に限定されること、および(ii)青梅商議所が ユーザーに対して賠償する損害の累積額は、青梅商議所が本サービスに関連して当該ユーザーから支払を受けた金銭の合計額を上限とすることに同意します。

9.ユーザーの責任・負担について
ユーザーは、以下のユーザーの責任・負担についての内容を了解の上、本サービスを利用することとします。
1.ユーザー間で紛争が起こった場合、紛争の当事者である当該ユーザーは自己の責任で解決するものとし、青梅商議所、他のユーザー、ユーザー以外の第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします。
2.ユーザー以外の第三者とユーザーの間で紛争が起こった場合、紛争の当事者である当該ユーザーは自己の責任で解決するものとし、青梅商議所、他のユーザー、ユーザー以外の第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします。
3.前二項のほか、ユーザーの本サービスへの接続、ユーザーの本利用規約等への違反もしくはユーザーによる第三者の権利侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求については、ユーザーの責任と費用負担の下で解決するものとします。
4.ユーザーにより第三者の権利の侵害があったときに、第三者からのクレームや請求への対応に関連して青梅商議所に賠償金、その他の費用が発生した場合、紛争の 当事者である当該ユーザーは当該賠償金その他の費用等(青梅商議所が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

10.紛争処理について
1.青梅商議所とユーザー間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を専属的合意管轄とします。
2.青梅商議所とユーザー間で紛争が生じた場合には、準拠法は日本法とします。


2015年4月1日改定
ページトップ